ローソク足を使ったバイナリーオプション攻略法

    ローソク足で攻略

    バイナリーオプション攻略のためにはローソク足を使うという方法もあります。バイナリーオプションの場合ごく短時間での取引になります。そのため、HIGHなのかLOWなのかをぱっと見た時に分かるということがとても重要になってきます。ローソク足の場合にはそのために必要な情報が一瞬で理解できる形で詰め込まれています。そのため、バイナリーオプションでチャートをチェックする際にはローソク足を使うというのが良い方法なのです。

    ローソク足とは

    ローソク足というのは白か黒(もしくは赤か青)の本体部分の上下に「ひげ」と呼ばれる一本線がついているものです。陽線の場合本体部分の上側は終値を下側は始値を、陰線の場合本体部分の下側は終値を上側は始値を表しています。ひげは下についているものが低値を、上についているものが高値を表しています。そして本体が白(もしくは赤)=陽線は上昇を、黒(もしくは青)=陰線は下降を表しています。ローソク足1本でこれだけのことがビジュアル的に把握できてしまいます。これだけの情報を一度に得られるというのは、バイナリーオプション攻略のために非常に優れたツールと言えます。

    シグナルに注目

    ローソク足のチャートでは「ここはHIGH」「ここはLOW」というようなシグナルが表れます。そのため、このシグナルに注目して取引をしていけば攻略することが可能になります。まず注目したいのが陽線が連続して出ている時です。その後反転して前の足の低値よりも安い状態で終わった場合、そこからしばらくはLOWで取引することで勝つことができると予想されます。

    また、終値の範囲で細かく上下していたチャートが一気に上昇したという場合も、シグナルが表れていると考えます。この場合2つの場合に分かれていきます。ローソク足の本体部分の長さがその前の足と同じ程度であれば「HIGH」、随分長くなっているようであれば「LOW」です。

    タイミングを逃さないこと

    ローソク足でバイナリーオプションを攻略する場合にはタイミングを逃さないことが重要です。シグナルが表れている時にそれを逃さずに取引を行います。しかし、タイミングを逃さないことに着目するあまり焦って取引をしてしまうということには充分注意しなければいけません。もしも判断に困った場合には、取引をするのではなく待って様子を見るようにします。そしてその後のチャートの動きを確認していれば、本当のシグナルだったのかそうでなかったのかを知ることができます。ローソク足を活用することはバイナリーオプションの取引にとってとても重要なことです。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *