レンジ相場でのバイナリーオプション攻略法

    レンジ相場とは?

    レンジ相場というのは、チャートがある一定の範囲内で上下している状態の時です。不規則に大きく変化していて荒れているというのとは真逆の状態で、とても安定しているのが特徴です。レンジ相場では一定範囲内で上下しながら平行に推移していく時、緩やかに上昇していく時、緩やかに下降していく時、の3つのパターンがあります。こうしたチャートの場合には大きく儲けることができないと考えてしまう人もいるかもしれませんが、実は安定的に勝率をあげられる絶好のチャンスなのです。

    レンジ相場の時に使いたい目押し

    安定していて取引のしやすいレンジ相場の時には目押しで取引をすると成功する確率が高まります。目押しというのはチャートの動きを予測するといったバイナリーオプションの取引の仕方とは基本的に違います。チャートの様子を見ながらタイミング良く取引を行うことで勝つのです。そのため、チャートの動きが安定していて次にどうくるかが分かりやすいレンジ相場というのは目押しをするのに適しているタイミングと言えます。

    つらら型の先端に注目!

    レンジ相場で目押しをする場合にはつらら型の先端に注目します。もしも先端が尖っているつららばかりがチャートに目立つという場合には、いくらレンジ相場だったとしても目押しで取引するのは避けなければいけません。なぜなら、先端が尖ってしまうと目押しでタイミング良く取引することができないからです。ベストなのは先端の平らなつららが多く出現している時です。こうした形のつららがあるとタイミングをはかりやすいので目押しの勝率がぐっと高まります。

    買い時が分かれば勝てる

    バイナリーオプションは買い時が分かれば勝てる投資方法です。特に目押しの場合にはその傾向が顕著ですから、買い時かどうかを正しく判断することと、買い時が来るまでじっくりと待つということがとても重要です。また、いくらタイミングをはかっても間違えるということがありますので、1回の取引で全てをゼロにして取り返しのつかない状態になってしまった、というようなことにならないように注意するということも大切になってきます。

    レンジ相場攻略のコツ

    レンジ相場は安定していて攻略しやすいチャートです。確実に攻略するためのコツは、まずは先端の平らなつららがたくさん出ているタイミングを狙うということ、そして勝率の高いタイミングがやってくるまではじっと待つということです。バイナリーオプションの勝率は5割だからといってやみくもに取引をするのではなくて、適切な時を待つということが大切です。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *