緩やかに上昇(下降)しているときの攻略法

    レンジ相場で勝つ

    バイナリーオプション攻略のためにはレンジ相場の時にうまく取引できるということが大切です。レンジ相場というのはある一定の範囲内でチャートが上下していて安定している状態のことを言います。なぜこうした安定している状態で取引をするのが大切なのかというと、相場の予測をしやすいからです。レンジ相場は安定しているので大きく勝つということはできませんが、その代わり確実に勝つということはやりようによっては可能になるというわけです。

    レンジ相場の中でも特に緩やかに上がっている時と下がっている時というのは狙い目です。緩やかに上昇しているか下降している場合、こまかく上がったり下がったりの山と谷を繰り返しながらトレンドに沿った動きをしていきます。そのため、上昇傾向にある場合には谷の最も下がった部分でHIGHで取引をすれば良いですし、下降傾向にある場合には山の最も上がった部分でLOWで取引すれば良いのです。

    円安か円高か分からない時には

    緩やかに上昇したり下降したりしてチャートが安定している場合、とても予測が立てやすくなります。そのためきちんと考えてベストなタイミングで取引をしていけば、充分に勝てる可能性が高まります。もしもチャートを見て円高傾向なのか円安傾向なのかが分からないというような場合には取引を決してしてはいけません。なぜなら、全体の傾向が分からないくらいに荒れた状態では予測が全く立たないからです。

    バイナリーオプションの五分五分

    バイナリーオプションは取引した時よりもその後上がるか下がるかを予測します。そのため、勝つのも負けるのも50%の確率と言えます。しかし厳密に考えるとそれは違うのです。なぜなら、チャートをしっかりと読み込むことで、予測を立てることができますし、過去のデータの積み重ねによって予測の精度をぐっと高めることもできるからです。そのため、五分五分と言われていますが実際にはその人それぞれの能力によって勝率には違いが出てきます。

    予測しやすいタイミングを狙う

    緩やかに上昇傾向もしくは下降傾向にある時に大切なことは、予測しやすいタイミングを狙って取引をするということです。焦って無理に取引をしても良い結果は生まれません。じっくりと時間をかけて予測を立て、落ち着いて取引をするということが重要です。チャートが大きく動いていてその後の予測が立ちづらい時はタイミングではないと考えて、取引をしないという勇気を持つことも必要となります。バイナリーオプションを攻略するためには、このように我慢するということも大切なのです。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *