午前中に取引をするバイナリーオプション攻略法

    午前中の取引でバイナリ―オプションは必勝?

    午前中に取引をするバイナリーオプション攻略法があります。これは市場のボラティリティを利用した戦術と言えます。つまり日本時間の午前中は、為替市場の参加者が比較的少ない、つまりヨーロッパや米国の投資家は休んでいるということなので値動きが小さく、レンジ取引で勝ちやすいといわれているのです。このバイナリーオプション攻略は結構ワークします。逆に夕方以降ロンドンやニューヨークの市場が開くと値動きは非常に激しくなりますので、逆にワンタッチなどのオプション取引のチャンスになるのです。

    さて、午前中はレンジ相場である事が多いというのは確かに傾向としてあります。NY市場がクローズしたあとの午前7時ごろ「夏時間は午前6時」、為替相場は静かで値動きは小さいです。

    日本の朝時間は世界の夜中?

    オセアニア勢がそろそろ目覚める時間帯も、世界の中心は夜中です。オセアニアのドル円取引は規模が大きくないので相場に大きな影響が出ることは少ないのです。午前9時に日本市場がオープンすると、日本の機関投資家や事業会社からの取引が入り、しばらくの間は取引が活気づきます。そして銀行が発表する仲値の決まる10時前には一方向に相場が動くことが多いです。

    この時間はレンジ相場というよりもトレンドが発生しやすいです。ドル円については早朝?午前9時、午前10時?15時ころまではレンジを形成しやすく、バイナリーオプションで勝つチャンスがあるといえるでしょう。この時間帯はドル円のほかユーロドルもおすすめです。

    なお10時頃には中国やオーストラリアでは多くの指標が発表されます。中国の指標等は豪ドルに大きな影響を与えます。この時間帯では豪ドル円などの通貨ペアなどは逆に値動きが激しくなる可能性がありますので、この傾向を利用してバイナリーオプションに取り組む手があります。

    東京時間午前中はバイナリ―オプションで勝つチャンス!

    こういった午前中の為替相場の特徴は比較的わかりやすいので、このバイナリーオプション攻略法を上手にこなしていくと成果が出やすいです。このように、午前6時から9時前は為替相場は全体にレンジ取引に向いています。

    ドル円に関しては、この午前6時から9時、10時から15時までは比較的レンジを形成しやすく、レンジオプションで収益を上げやすい時間帯と言えます。ただし気をつけたいのは日銀総裁や要人のインタビューや経済指標の発表があると大きく動くケースがあるということです。これはインターネットの取引サイトで本日の動きとかイベント欄に掲示されているのでチェックをしておく必要があります。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *