レジスタンスラインとサポートラインでのバイナリーオプション攻略法

    レジスタンスラインとサポートラインとは?

    バイナリーオプション取引で、レジスタンスラインとサポートラインでのバイナリーオプション攻略法レジサポライン攻略とは、チャート分析の手法を利用して、レジスタンスラインとサポートラインを使って、レンジ注文やハイロー注文の勝率を高めるバイナリーオプション攻略の戦略のことです。レジスタンスラインとは、日本語では抵抗線といい、相場が上昇局面でもなかなかこれ以上抜けられないレートを時系列に表した曲線のことです。相場は常に動いていますが、これ以上は上がらないと予測される値をもとにラインを引き目安にするものです。また、サポートラインはまったくその逆でして、支持線という意味の、これ以上は下がらないと予測するレートの時系列曲線です。

    チャート分析が基本です!

    これらは、FX取引等で非常によく使用されるチャート分析手法の基本中の基本です。この手法をバイナリ―オプション取引の攻略手段として活用することができます。つまり、レジスタンスラインとサポートラインをきちんと分析して、上下幅を予測できれば、ハイロー注文やレンジ注文、ワンタッチ注文の勝率を上げることができます。たとえば、ワンタッチ注文で、指定のレートがサポートラインを下回っていたり、レジスタンスラインを上回っていたりすると、タッチする可能性は小さいのでタッチしない方に賭けたりできます。また、レンジ注文の指定幅がサポートラインとレジスタンスラインに収まっていればレンジを維持する可能性が高いとみなせるわけです。

    バイナリ―オプション取引に活用しよう!

    サポートラインやレジスタンスラインはFXの取引業者が無料でチャートを提供しているので、自分にとって使いやすいチャートでサポートラインやレジスタンスラインが自動で引かれるツールを活用するのがよいでしょう。もっともよいのは自分でこういったラインを引けるようにすることです。これにより予測する力も自然と身についてくるのです。これらはもちろん万能というわけではないため、リスク管理をしっかりすることが大切です。

    また、これと同様にレートの幅を予測するボリンジャーバンドというものもあります。これは過去の推移から変動幅の平均と標準偏差を計算しそのその枠内で動いた場合のレートの範囲をグラフで示したものです。サポートラインとレジスタンスラインと合わせて活用することによりさらに勝率を上げることができる可能性があります。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *