バイナリーオプション取引開始までの流れ

    バイナリ―オプションの取引開始まで

    バイナリーオプション取引開始までの流れは、おおまかにいうと、1.口座開設の申し込み、2.本人確認資料の提出、3.口座の案内到着、4.サイトにログインして各種設定、5.入金、6.取引開始といった形になります。原則国内業者でも海外業者でもこの流れは大きく変わりません。

    申し込み方法は、ウェブサイト上で行える業者がほとんどで、どこも口座開設に力を入れているため、大変わかりやすいガイダンスやヘルプなどが掲載されていますのでそれらにしたがって手続きをすれば大丈夫です。

    口座開設はWebサイトで行う

    まず、バイナリーオプション取引を始めたい業者のサイトで口座開設の申し込みを行います。ここでは、主に住所や氏名などの個人情報や、今までの投資経験や投資目的を入力します。

    次に本人確認書類の送付です。国内業者では確実に本人が申込みをしていることの確認のため、必ず行う必要があります。本人確認書類は、主に免許証やパスポートのコピーなどが一般的ですが、中には2種類の書類を必要とする業者もあります。本人確認書類を送付した後、しばらくすると封書等で口座開設のお知らせが業者から送られてきます。

    海外の業者の場合、この本人確認がもっと簡単なケースが多く、その場で会員登録が完了しID、パスワードが発行されることもあります。ただし出金の際には本人確認書類の提出が必須になることがほとんどです。

    口座開設のお知らせの中には、口座番号といった口座情報やサイトにログインするためのID、パスワード等が記載されていますので、こちらでウェブサイトにログインします。こうして、案内にしたがって必要な初期設定を終えると取引の準備が整います。

    クレジットカードを持っていると便利

    なお、業者によっては本人確認書類のコピーをインターネットで送付「アップロードやメール送信」するとすぐにWebサイト上でID、パスワードが発行されるケースもあります。さて、実際に取引する前に、バイナリーオプションの資金となるお金を口座に入金する必要があります。そのためにはクレジットカードやオンラインバンキングの銀行口座を持っていると便利です。多くの業者はオンラインバンクでリアルタイムにその場で入金を行うことができます。また、中にはクレジットカードによる入金が可能な業者もあります。銀行振込などでは着金まで時間がかかるためすぐに取引というわけにはいきませんので、その点は注意が必要です。その他、ネッテラーやペイパルなど様々なサービスを利用した入金方法があり、自分にあった方法を選択することができます。

    こうして入金が完了すれば、いよいよ取引開始です。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *