バイナリーオプションの特徴

    バイナリ―オプションの特徴

    バイナリーオプションの特徴は、なんといっても2者択一のシンプルな取引ということです。つまり上がるか下がるかのどちらを選ぶというのが基本です。FX取引も買うか、売るかの単純な取引ですが、どのタイミングでポジションを決済するかなど考慮すべき点があり複雑です。これに対し、バイナリーオプションは原則2者択一をして、結果を待つだけなのです。

    次にあげられるのは結果が早く出るということです。取引開始から終了までの期間が比較的短く設定されており、最短で5分で結果が出る取引もあります。外資系の中には30秒後に上がるか下がるかを予想するオプション取引もあります。国内業者は規制により2時間に1回程度しか取引ができなくなってしまいましたが、海外業者は規制対象外のため連続して取引を行うことが可能です。

    少額でも取引ができてリスクも限定的

    3つ目の特徴は、少額資金での投資が可能であることです。FXの場合、証拠金が最低でも5万?10万円必要と言われていますが、バイナリーオプションの場合、取引は1枚、2枚といった単位で取引しますが、1枚当たりの金額は、100円、500円程度と、少額で取引できる業者もあります。つまり、ポケットマネー感覚で取引できるということなのです。ただし、業者によっては初回の入金額がある程度必要になりますので、この点は注意してください。

    4つ目はロス「損失額」が限定されていることで、FXのように為替の変動で損失が大きくなったり、追証といった、投資額以上の損失が発生することがありません。決済する時点の為替レートで損益額が変動します。つまり、FXの取引の場合、ドル円を100円で1万通貨単位購入したあと、101円になった時点で決済すれば1万円の利益が出ますが、決済せずにいてその後レートが99円になってから決済すると1万円の損失になります。98円なら2万円の損失です。つまり損益はその時点でのレートにより大きく変動します。これに対してオプションを購入したときに払った金額だけが損失になるということです。

    豊富なオプション取引の種類

    最後に多様性です。業者によってさまざまなタイプ「予想の仕方、期間」が用意されていて自分に合った、得意なオプション取引を選択することができます。これはFXのように単純に上がった、下がったというだけではなく、取引期間中の様々な値動きのパターンによって結果が異なるという、一種複雑な事象を扱う高度な商品の特徴ともいえます。以上のような特徴をもったBO「バイナリーオプション」は、その手軽さから、個人投資家の人気を集めています。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *