バイナリーオプションとは

    バイナリ―オプションの意味

    バイナリーオプションとは、為替金融商品の一種です。通常の外国為替「FX」取引は、損益の金額が為替の値動きによって変動します。たとえばドル円の取引で1ドル101円のレートでドルを1万通貨単位購入した後、ドル円レートが102円になった場合、102-101×1万通貨単位=1万円の利益になります。また100円になった場合、1万円の損失となります。

    つまり、購入後の値動きでその時点での損益が変動することになります。これに対してバイナリーオプションで取り引きする場合、為替の値動きによって「利益か損失」かが決まる点は同じですが、損益金額は初めから決まっています。たとえば、予想が的中した場合は0.7万円の利益、外れた場合は1万円の損失ということです。したがって損失額限定を最初から決めることができます。これは一般的なオプションという取引の特徴で、一種の通貨オプション取引なのです。

    バイナリ―オプションは少額でも取引可能

    また、少額で取引できることから、2009年以来幅広い投資家から人気を集めています。また人気が過熱気味になったこともあり、2013年7月18日にバイナリーオプションなどの取引に対して自主規制ルールが設けられています。このため国内業者と海外業者で提供する取引の内容・ルールが大きく異なることになりました。バイナリー「binary」とは、2つの選択肢といった意味です。つまり「0」か「1」かのどちらです。バイナリーオプションは一般に、ある条件を「満たす」か「満たさない」かが勝ち負けを決める取引です。取引対象(原商品と言います)は多様で、為替、原油、商品など、市場で値段がついているものの多くがバイナリーオプション取引の対象です。その中でも人気があるのが為替レートを対象とした商品です。

    ドル円のバイナリオプション

    ドル円のバイナリーオプションでは、円安になるか円高になるかを予想してオプションを購入して、結果が予測通りであれば、利益を受け取れるという仕組みとなっています。非常に簡単に取引でき、結果もすぐ出るということで、急速に普及しました。また、5分程度で結果が出る銘柄もあることや、業者ごとにさまざまなタイプのオプションが用意されているといった特徴があります。

    バイナリーオプションは、BOと呼び方をされることもあります。現在ではネット対応のFX業者の多くがバイナリーオプション取引をサポートしており、個人投資家の多くが、特に海外の業者を利用しています。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *