バイナリーオプションの最低取引額

    バイナリ―オプションの魅力

    バイナリーオプションの魅力は、少額で本格的な取引ができることですが、実際海外の業者ですと1回あたり500円で取引が可能だったりします。これは一般のFXが取引で3万円程度の証拠金が必要だったり、株式であれば10万円程度必要だったりするのと大きく違います。裁定取引金額が小さいことは、オプション取引一般の特徴ともいえます。原商品である為替(通貨)を対象としたデリバティブと呼ばれる金融技術を使って提供されるため取引単位も柔軟に設定できるのです。

    最低入金金額と並んで、この最低取引金額の低さがバイナリーオプションの魅力や人気を高める要因になっています。つまり、お小遣い程度の金額で本格的に取引を始めることができ、しかも損失を限定できるのです。初回最低入金額は、1回あたり1万円前後が一般的です。これに対して、最低取引金額は一部で500円から可能など、小さく始めることができます。この最低取引金額は業者によって多少異なります。

    最低取引金額もチェックしましょう

    まずはいろいろと業者を比較して自分にあったところを選択することです。そして、選択する要因として最低取引金額を考慮点に入れましょう。初回入金額、取引の種類、使える決済手段、サポートなど、様々な考慮点がありますが、取引金額も重要な要素です。初心者のうちは大きな金額で取引するよりも、少しずつ経験を重ね、慣れるまでは少額での取引をおススメします。そのためにもなるべく最低取引金額の小さい業者を選ぶとよいでしょう。比較のため複数の業者で取引する場合も1回1回の取引金額は最初は押さえていきましょう。

    たとえば、1回あたりの取引金額を1000円としますと、負けた場合の損失は1000円、勝った場合は、ペイアウト率が1.75であれば750円の利益となりますので、この金額であれば続けて取引を行っても大きな痛手になる前に、見直すことができます。つまり知識不足や自分に合っていない取引種類である等に気づいていったん撤退することも可能なのです。初心者は小さく始めることが肝要です。

    慣れてくると大きな金額での取引もしたくなりますが、それでも細かく取引ができる方が使い勝手の面では有利と言えます。日本の業者ですと取引金額が非常に小さいところもありますが、取引開始までの手続きが複雑だったり、ペイアウト率が低かったりしますが、規制の少ない海外業者のサービスは日本のそれと大きく異なっています。現状では、海外業者のバイナリーオプションの人気が高いといえます。

    最低取引金額のチェックは業者選びの際の重要ポイントです。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *