バイナリーオプションの取引方法

60セカンド

バイナリ―オプションの60セカンドとは?

バイナリーオプションで最近人気なのが、取引時間がわずか60秒で損益結果が出る、60セカンドと呼ばれるオプションです。人気のある「ハイロー注文」と同様に「上がる」か「下がる」か予想する取引なのですが、60秒間という短時間で行われます。このためどんどん取引を重ねていくことになるのですが、国内業者は規制の影響で2時間おきにしかトレードができないため、主に海外のバイナリーオプション業者で行われています。トレンドがはっきりしている時間帯は勝つチャンスが大きくなるため、上昇相場、下落相場ではとても予想がしやすく、当たる確率も高いので人気があります。また勝つための手法もいろいろ紹介されています。

60セカンド取引の事例を紹介!

たとえば、エントリー時の為替レートを1ドル=100円とします。60秒後に1ドル100円より上がっているか「円安」、下がっているか「円高」を予想していきます。上がると予想すれば「HIGH CALL」を注文し、下がると思えば「LOW PUT」を注文し、希望金額分「例えば1000円」を入札します。60秒後に101円になり、予想が的中した場合は、例えばペイアウト率が1.7倍であれば掛け金と合わせて配当金1,700円が手元に残ります。つまり700円の儲けです。

逆に円安になり、予想が外れた場合は、1,000円は当然返ってきません。しかし、これ以上の損失は発生せず限定的です。業者によって「1日の取引可能回数」、「ペイアウト率」などが異なりますので自分の合った条件の業者をしっかり選んで取引しましょう。このように60セカンドは1分間という超短期で手軽に取引できますがリスクもその分あります。一瞬で資金を失うことなどがないように気をつけましょう。

60セカンドで勝つための戦略とは?

60セカンドで勝率を上げるにはまず先ほども説明したようにトレンド相場を利用することですが、エントリーのタイミングも重要になってきます。はっきりしたトレンドが続いており、なるべく値動きが大きいタイミングでエントリーすることが肝心です。このためにはチャート分析の知識と、トレンドの発生、だましの回避などのノウハウが必要になってきます。短期のチャートでボリンジャーバンドの動きをよく見つつ、移動平均線の並び順の入れ替えタイミング、だまし回避を行ったうえでエントリーをし、トレンドの継続をやはり移動平均線で判断しながら値動きの幅をボリンジャーバンドで確認しトレンドや値動きに終焉の動きが見えたら手仕舞をして勝率を上げていくトレーニングをおすすめします。

レンジ注文

バイナリ―オプションのレンジ取引とは?

バイナリーオプションの取引のうち、レンジ取引とは、ある一定時点までに為替レートが指定されたレンジ「価格レートの上下範囲」に収まるか収まらないかを予測します。つまり取引終了まで対象為替レートが設定条件のレンジの範囲内で推移し、レンジを「維持する」と予想する場合は買い、「維持しない」と予想する場合は売りでエントリーします。

バイナリーオプションにおいてレンジ取引は、ラダーやワンタッチなどのオプション条件と合わせて設定されることが多く、単独での銘柄はあまりありません。1つの銘柄に対して、設定条件価格が複数設定されるなど、ちょっと複雑なオプションになります。裏側では、高度な金融工学的な値付け設定がされているのです。

レンジ取引は上級者向け!

取引終了時間までずっと指定されたレンジをキープしなければならないので、動きのない相場でも的中させる必要があり、難易度の高いハイリスクハイリターンな商品で、上級者向けと言えます。いわゆるレンジ相場が続くのか、続かないのかを予想する取引と言ってもよいでしょう。

しかもそれだけではありません。レンジが一度でも上下どちらかにブレイクしてしまうと、その後レンジ内へ戻っても負けです。つまり取引時間中にノックアウトされてしまいます。ノックアウトというのオプション取引の用語で期間内に一度でもノックアウト条項と呼ばれる条件を満たしてしまうとそのオプションは無効、つまりアウトオブザマネーになってしまいます。

レンジ取引で勝つにはレンジ相場が最適?

傾向としていえるのは、レンジオプションはレンジ相場の場合は買いで、レンジ相場が崩れて新たなトレンドが発生すると予想した場合は売り、という取引の原則ということになります。レンジ相場は一定のレートの幅を行ったり来たりする状況の相場のことを言います。チャート分析をうまく使うことによりレートがある一定の範囲に収まることを一定の確率のもとで予測することができますので、レンジ相場の場合はその確率が高まるために勝率を上げやすいのです。逆にトレンド相場の場合はレンジ取引の範囲内に収まることの予測が比較的難しくなってしまいます。

このようにレンジ取引で勝つにはやはりチャート分析の手法が十分役に立ちますが、前述したように、ワンタッチよりもさらに高度なオプションです。相場のトレンドを読む力と知識と経験を十分に蓄えてから取り組むことをおすすめします。つまり、十分慎重なバイナリーオプションのディール経験が必要になります。

ワンタッチ注文

バイナリ―オプションのワンタッチ取引とは?

バイナリーオプション取引のワンタッチ注文は、代表的なバイナリーオプションの取引方法のひとつで、現在とても人気があります。定められた取引時間内で1回でも予想レートに届けば利益が発生します。このワンタッチ注文は、ハイロー注文よりも取引時間が長めであり、ペイアウト倍率も高い傾向にあります。ペイアウト率は場合によっては300%を超えることもあります。この場合もちろんリスクも高いので注意が必要です。

ハイロー注文は基本的に取引時間内の動きは無関係で、取引終了時点のレートだけが判定材料ですが、ワンタッチ注文は取引時間内の動きが関係し、一度でも予想レートにタッチすれば「勝ち」、つまり利益が発生します。実際には業者が指定する条件「タッチ条件」が発生するかしないかを予想することになります。

ワンタッチ取引は高度なオプション商品!

これはいわゆるエキゾチックオプションの一種で、金融工学の手法を活用した高度な商品で、最近個人投資家に人気が出てきました。ワンタッチ取引は取引時間終了までずっと固唾を飲んで待つ必要はありません。時間内に1回でもターゲットにタッチすれば、すなわち「予想レートに届けば」価値が確定するのです。このワンタッチ注文で勝つには、FXと同様にチャート分析のノウハウを勉強するとよいでしょう。

FXではファンダメンタル分析と、チャート分析が重要と言われていますが、ワンタッチではチャート分析がより重要です。チャート分析は、相場がどの程度のところまで上がるか下がるかといった、定量的な分析手法がいくつか用意されていて予想に役立つからです。海外バイナリーオプション業者によっては、チャート分析のツールを無料で提供しているので、活用することをおすすめします。

ワンタッチオプションで勝つには?

ワンタッチオプションの戦略としては、たとえばチャート分析でボリンジャーバンドという統計手法を使った変動幅のグラフを活用する方法があります。必勝法ではありませんが、ワンタッチ注文で指定されたレートに一定期間内に届くか届かないかの確率的な評価をすることができます。ボリンジャーバンドはレートの変動幅を過去の統計情報から標準偏差の概念から割り出します。つまりボリンジャーバンド内に一定の確率で収まるだろうという予測をすることができるわけです。また、レンジ相場の方が、ワンタッチオプションのアウトオブマネー「指定のレートに到達しない」確率をある程度読めるので、レンジ相場の方が勝つチャンスが大きいといえます。

ワンタッチオプション取引はこのように、高度な戦略を使うことでより取引を楽しめるオプションです。

ハイロウ注文(High&Low)

バイナリ―オプションのハイロウ注文とは?

バイナリーオプションのハイロウ注文とは、バイナリーオプションで、特定の時刻の為替レートを現在の為替レートと比べて、円安を予想するケースでは『HIGH』を購入し、円高のケースでは『LOW』を購入する取引です。取り扱い業者によってはラダー「LadderOptions」と呼ばれていることもあります。バイナリーオプションでは、もっとも基本的な取引です。予想がンプルなので、比較的あたりやすいのと、1日に取引できる回数が多い海外業者があるのが特徴です。そのため、国内業者よりも海外業者の方に現在は人気がシフトしています。

投資初心者の方でもわかりやすい取引はリスク管理も比較的簡単に行えます。

ハイローの注文方法は、例えばドル円のレートが指定された取引開始時間から、取引終了時間までの間に今のレートから上がるか下がるかを予想してエントリーします。予想が的中すれば勝ちとなり、利益を得ることができます。逆に外れた場合、掛け金はすべて失います。

ハイロウ注文の魅力は?

ハイローの最も魅力的な特徴は、短時間で取引ができ、結果がわかることです。ハイロー取引のバイナリーオプションは、60秒で結果がわかるものがあり、また、長くても翌日までには取引結果が出るので、忙しい人でもすぐに始めることができます。また、取引の結果がすぐわかるということは、短期間での市場の傾向を読むだけでよい、というメリットがあります。予想があたった場合の払い出し倍率である、「ペイアウト倍率」は、1.8倍から2倍程度が一般的です。簡単に始められるため、まずはこのタイプがおすすめです。

ハイロー取引で勝率を上げるには?

ハイロー取引で勝つには、トレンド相場をうまく活用することです。レンジ相場は、一定期間にレートが上がったり下がったりする状況ですので上と下両方に動く可能性が高く、勝率を上げるのはむつかしいといえます。つまりハイロー取引については、レンジ相場では手を出さない方がよいでしょう。トレンド相場は逆にチャンスです。たとえば、チャート上で山の高さが次第に高くなるなど、はっきりとした上昇トレンドがあればその流れに従って賭けていくことによりそのトレンドが続きている限り、勝率を上げることができます。このように、相場の状況を的確に読んで、ハイロー取引を状況に合わせてうまく使いこなせれば勝率を上げることができます。