バイナリーオプション攻略法

米雇用統計を利用したバイナリーオプション攻略法

米雇用統計でバイナリーオプションに勝つ

バイナリーオプション攻略を目指すのであれば、米雇用統計は確実にチェックしておきたい指標です。他にも様々な経済指標がありますが、その他の指標とは比べ物にならないくらい注目度の高いものだからです。それこそ世界中の投資家たちが注目している指標ですので、発表されるタイミングを狙ってうまく取引することができれば利益をしっかりと得られます。バイナリーオプションをするのであれば必ずチェックしておくようにしましょう。

米雇用統計とは

米雇用統計はアメリカ中の労働者たちの現状を表した指標です。なぜその指標が世界的に大きな意味を持つのかというと、アメリカのGDPの6割を占めるのが労働者たちの個人消費だからです。しかも労働者たちが使うのは全世界で最も流通量の多い米ドルですから、消費が上向いたり減少したりすることは経済に大きな影響を与えるということが分かります。特に失業率と非農業就業者数は注目度の高い数字です。

毎月第一金曜は予定を空けておくべし

米雇用統計の発表は毎月第一金曜日に行われます。日本時間では21時半頃です。そのため、バイナリーオプション攻略を狙っている人の場合には、この日ばかりは予定を空けて指標をチェックすることと取引にチャレンジすることを忘れないようにしましょう。指標が発表された直後というのは市場が大きく動きます。これは大きく稼ぐことができる最大のチャンスでもあるということです。そのため、ぜひ取引したいタイミングというわけです。

米雇用統計を受けてどう動く?

米雇用統計が発表されると相場が大きく動きます。もしも失業率が専門家などが事前に出していた予測値よりも下がっていれば、アメリカ経済は良好というように多くの投資家が考えます。すると米ドルを持っていたいという人が増えますので、米ドルは買われて円安ドル高になります。逆に失業率が予測値よりも高かったという場合には、アメリカ経済の先行きは思わしくないと考えられてしまい、米ドルが売られることになります。そうすると円高ドル安になっていくのです。

米雇用統計で攻略するには

米雇用統計でバイナリーオプション攻略をする場合には、発表される時間にチャートをチェックしておくことです。HIGHかLOWかどちらに動いているのか見逃さないようにして、素早くポジションを取れるように待機しておきます。この動きはせいぜい1時間程度しか続かないものですから、海外の業者独自の60秒で取引ができるバイナリーオプションを使ってどんどん取引をするというのも良い方法です。

緩やかに上昇(下降)しているときの攻略法

レンジ相場で勝つ

バイナリーオプション攻略のためにはレンジ相場の時にうまく取引できるということが大切です。レンジ相場というのはある一定の範囲内でチャートが上下していて安定している状態のことを言います。なぜこうした安定している状態で取引をするのが大切なのかというと、相場の予測をしやすいからです。レンジ相場は安定しているので大きく勝つということはできませんが、その代わり確実に勝つということはやりようによっては可能になるというわけです。

レンジ相場の中でも特に緩やかに上がっている時と下がっている時というのは狙い目です。緩やかに上昇しているか下降している場合、こまかく上がったり下がったりの山と谷を繰り返しながらトレンドに沿った動きをしていきます。そのため、上昇傾向にある場合には谷の最も下がった部分でHIGHで取引をすれば良いですし、下降傾向にある場合には山の最も上がった部分でLOWで取引すれば良いのです。

円安か円高か分からない時には

緩やかに上昇したり下降したりしてチャートが安定している場合、とても予測が立てやすくなります。そのためきちんと考えてベストなタイミングで取引をしていけば、充分に勝てる可能性が高まります。もしもチャートを見て円高傾向なのか円安傾向なのかが分からないというような場合には取引を決してしてはいけません。なぜなら、全体の傾向が分からないくらいに荒れた状態では予測が全く立たないからです。

バイナリーオプションの五分五分

バイナリーオプションは取引した時よりもその後上がるか下がるかを予測します。そのため、勝つのも負けるのも50%の確率と言えます。しかし厳密に考えるとそれは違うのです。なぜなら、チャートをしっかりと読み込むことで、予測を立てることができますし、過去のデータの積み重ねによって予測の精度をぐっと高めることもできるからです。そのため、五分五分と言われていますが実際にはその人それぞれの能力によって勝率には違いが出てきます。

予測しやすいタイミングを狙う

緩やかに上昇傾向もしくは下降傾向にある時に大切なことは、予測しやすいタイミングを狙って取引をするということです。焦って無理に取引をしても良い結果は生まれません。じっくりと時間をかけて予測を立て、落ち着いて取引をするということが重要です。チャートが大きく動いていてその後の予測が立ちづらい時はタイミングではないと考えて、取引をしないという勇気を持つことも必要となります。バイナリーオプションを攻略するためには、このように我慢するということも大切なのです。

目押しでのバイナリーオプション攻略法

目押しとは

バイナリーオプション攻略のための方法としてあげられるものに目押しがあります。目押しというのはパチスロなどでよく使われている方法で、簡単に言うとタイミング良く押すというものです。「今だ!」という時を狙ってタイミングよく押すことで勝つことができます。これと同じことをバイナリーオプションでもすることができます。ただしパチスロとは違うので、少々違ったやり方でタイミングを捉えなければいけません。

目押しでバイナリーオプションを攻略する方法

目押しでバイナリーオプションを攻略しようと思った場合、まず必要になってくるのはチャートをよく見るということです。チャートを見ていると下にのびたつらら型の部分があることが分かります。まずはここの形をよく見ます。もしも多くのつららで先が尖っているようであれば、目押しが成功するタイミングとは言えません。目押しが成功しやすいタイミングは先が尖っていないつらら型がたくさん出現している時です。

では具体的にどのタイミングで取引をすれば良いのかというと、それはチャートが下がりきったところで更に同じ場所をキープした時です。つまり、先の尖っていないつらら型が出現することがはっきりとした瞬間と言い換えることができます。チャートが下がり始めてすぐに取引をしたい気持ちになってしまうかもしれませんが、そのタイミングというのは早すぎます。そこから更に下がってしまう可能性があるからです。また、チャートが底に到達したと考えられる時点でも早すぎます。もしかするとその後急激に上昇するということが考えられるからです。確実に勝つためには、じっくりと待って底値を維持したことを見届けてから取引をするようにします。

初心者にも向いている方法

目押しの良いところは特別な知識が無くても勝てるという点です。バイナリーオプションを攻略しようとすると、普通は難しい専門知識を身につけなければいけません。継続的に稼ぎたいのであれば当然勉強する必要はありますが、いつまでも勉強していると実践に移すことができなくなってしまいます。そこで目押しが重要になってくるというわけです。目押しであれば特別な勉強をしなくてもタイミングだけ計ればうまくいきます。そのためバイナリーオプションのはじめの一歩として活用できるというわけです。

目押しで勝てるか?

目押しで勝てるか?という疑問は誰でも抱くものです。勝てる人はこれだけでも利益を得ています。バイナリーオプションに挑戦し始めて間もない人でもかなりの勝率をあげられる方法として優れていると言えます。攻略のコツはタイミングを待つということです。

バイナリーオプション攻略のための通貨選び

通貨はどう選ぶ?

バイナリーオプションを始めるにはまずどの通貨で取引をするのか決めなければいけません。参考書籍を読んでいてよく出てくるのは「好きな通貨を選びましょう」ということですが、バイナリーオプションをこれから始める人にとって好きな通貨など無い方が普通です。右も左も分からない時にまず選ぶべきなのは「USD/JPY」です。なぜアメリカドルと日本円のこの組み合わせが一番最初に出てくるかというと、比較的安定した相場だからです。安定しているということは始めた途端に大負けして取り返しがつかなくなるということもありませんから、知識を実践していくにはもってこいなのです。

ニュースが入ってきやすいのも魅力

バイナリーオプションを攻略する場合にはニュースをこまめにチェックすることも大切です。政治的な動きや世界的な事件がきっかけとなって通貨の相場が動くからです。アメリカドルと日本円の組み合わせの場合には、特別にチェックをしなくても自然と大きなニュースが入ってきます。そのため取り扱いやすいというわけです。

手数料が安く設定されているところも

バイナリーオプションでは手数料が安いところを選ぶのもポイントです。せっかく利益が出ても手数料が高い場合その分利益が少なくなってしまいます。バイナリーオプション業者では通貨ペアごとに手数料を設定しているところが多いのですが、多くの人が利用している「USD/JPY」は手数料が安く設定されていることが多いのです。そのため、余計な出費が無くてすむというのも大きな魅力と言えます。

他の通貨ペアなら何を選ぶ?

「USD/JPY」で慣れてきた場合には「EUR/USD」(ユーロ/アメリカドル)がおすすめです。この通貨ペアの特徴はローソク足などトレンドの傾向によって分析しやすいということです。そのため、バイナリーオプションについて「USD/JPY」で基礎的なことを実践したら、それを活かして取引をするというのに向いています。また、時間帯によって2つの通貨ペアを使い分けるというのも良い方法です。ロンドンやNYの市場は日本時間の夕方頃から開きますので、昼は「USD/JPY」夜は「EUR/USD」という具合に活用するのも良いでしょう。

不安定な通貨は経験を重ねてから

「USD/JPY」や「EUR/USD」の通貨ペアは比較的安定していて扱いやすいのが特徴です。それは同時に値動きが少なく大きく稼ぐのが難しいということでもあります。しかし大きく値動きする不安定な通貨ペアに最初から挑戦するというのは、良い方法とは言えません。充分な経験を重ねてからチャレンジすべきです。

モンテカルロ法でのバイナリーオプション膠着法

モンテカルロ法とは?

バイナリーオプション攻略のためには色々な方法があります。その中の1つとして考えられているのがモンテカルロ法です。モンテカルロ法とはもともとバイナリーオプションのための方法ではなく、カジノなどで使われる方法です。ルーレットなどで主に用いられるのですが、勝率3割・払い戻し金額3倍の時に適用できるものです。この条件下において勝つことができる方法ですから、当てはまらない場合にはモンテカルロ法で勝つというのは当然難しくなります。

モンテカルロ法の実践方法

モンテカルロ法ではまず「1・2・3」というような数列を作ります。そして次にその数列の一番最初の数字と最後の数字を足します。「1・2・3」の場合は「1+3=4」です。そしてこの「4」を賭けます。負けた場合には「4」を最初の数列の後ろに足して「1・2・3・4」という数列を作り、やはり最初の手順同様に最初と最後の数字を足して「1+4=5」なので「5」を賭けます。

では勝ったらどうするのかというと、数列の頭2つの数字と後ろ2つの数字を取り除き、数列の数字がなくなるか1つになったら終了です。「5」を賭けて勝っていた場合にそれをすると、数列の数字はなくなりますのでここで終了となります。勝敗の結果はというと、最初に「4」負けていますが、その次に「5」買っていますので、「1」勝ち越していることになります。モンテカルロ法を正しく実践できれば必ず勝つというわけです。

バイナリーオプションでモンテカルロ法は使えるか?

モンテカルロ法とは勝率3割・払い戻し金額3倍の時に勝つことができる方法です。そのためもしもバイナリーオプションにこの方法を適用したいという場合には、まずはこの条件に合ったオプションを見つけなければいけません。しかし、実際には払い戻し金額3倍というオプションはなかなかありません。全く無いというわけではないのですが、払い戻し金額にばかり意識を向けて探してしまうと勝率が極端に低くなってしまうので、現実的に勝てる方法とは言えなくなってきてしまいます。

モンテカルロ法はバイナリーオプションに向いている?

バイナリーオプションは倍率1.75倍前後で勝率5倍です。モンテカルロ法に当てはめることができるのは勝率3割の時です。勝率というところだけを比較してみても条件が違ってきてしまいますので、このままただ単に当てはめただけではダメだということが分かります。バイナリーオプションでモンテカルロ法を使いたい場合には、バイナリーオプションの様々な条件に合った形になるようにアレンジを加える必要があるというわけです。

初心者でもできるテクニカル分析のバイナリーオプション攻略法

テクニカル分析は初心者でもできる

テクニカル分析でバイナリーオプションを攻略するというのは難しそうに感じられますが、実は初心者でもできます。初心者がまず挑戦するべきなのはローソク足を使ってトレンドを読むということです。まずは難しいことを考えずに、ローソク足の陽線と陰線のどちらが多く現れているかということに注目します。これだけで相場のトレンドを知ることができるからです。もしも陽線が多い場合には上昇傾向にありますし、陰線が多い場合には下降傾向にあります。

長期と短期どちらもチェック

バイナリーオプションは最短だと60秒後、長くても数十分後の外国為替の動きをHIGHかLOWで予測します。そのため短期の相場のみをチェックしておけばOKだと考える人もいるかもしれませんが、それは違います。短期と長期の両方をチェックしておくことでテクニカル分析の精度があがり、攻略できる可能性が高まるのです。ローソク足でトレンドを見る時には、長期的なトレンドで上昇傾向なのか下降傾向なのかを見ておきます。

そして1日・半日・1時間といった短期間のトレンドをチェックします。長期と短期のトレンドが同じ場合にはその後もトレンドを保つ可能性が高いですし、そうでない場合にはその動きが反転のきっかけとなっていることもあります。そのため、長期的なトレンドを確認しておきながらも、取引する直前にどのような動きを見せているかということもきちんと把握しておかなければいけないのです。そうすることで初心者でもバイナリーオプションで勝つことができるようになります。

ローソク足の長いヒゲには要注意

テクニカル分析をする場合、長いヒゲのあるローソク足が出現した時には特に注意が必要です。なぜならそれがトレンドが反転するサインとなっていることが多々あるからです。長いヒゲというのは、上に出ている場合には、大勢の人が買って高騰したけれど売りの勢いに負けて急激に値下がりしたことを意味しています。つまり、その後下降していくトレンドになっていく可能性が高いというわけです。逆に下に長いヒゲが出ている場合には、売りが多く出て値段を下げていたけれど買戻しの動きによる買いで急激に上昇したことを意味しています。つまり、上昇傾向のトレンドに変化する可能性があるということです。

決済間近が狙い目

ローソク足によるテクニカル分析で勝つには、決済間近のタイミングを狙って取引をするのが定石です。なぜなら決済間近になると例外的な動きが出にくくなるからです。そのため、バイナリーオプション業者を選ぶ場合には60秒単位で取引できるところを選ぶのが良いでしょう。

午前中に取引をするバイナリーオプション攻略法

午前中の取引でバイナリ―オプションは必勝?

午前中に取引をするバイナリーオプション攻略法があります。これは市場のボラティリティを利用した戦術と言えます。つまり日本時間の午前中は、為替市場の参加者が比較的少ない、つまりヨーロッパや米国の投資家は休んでいるということなので値動きが小さく、レンジ取引で勝ちやすいといわれているのです。このバイナリーオプション攻略は結構ワークします。逆に夕方以降ロンドンやニューヨークの市場が開くと値動きは非常に激しくなりますので、逆にワンタッチなどのオプション取引のチャンスになるのです。

さて、午前中はレンジ相場である事が多いというのは確かに傾向としてあります。NY市場がクローズしたあとの午前7時ごろ「夏時間は午前6時」、為替相場は静かで値動きは小さいです。

日本の朝時間は世界の夜中?

オセアニア勢がそろそろ目覚める時間帯も、世界の中心は夜中です。オセアニアのドル円取引は規模が大きくないので相場に大きな影響が出ることは少ないのです。午前9時に日本市場がオープンすると、日本の機関投資家や事業会社からの取引が入り、しばらくの間は取引が活気づきます。そして銀行が発表する仲値の決まる10時前には一方向に相場が動くことが多いです。

この時間はレンジ相場というよりもトレンドが発生しやすいです。ドル円については早朝?午前9時、午前10時?15時ころまではレンジを形成しやすく、バイナリーオプションで勝つチャンスがあるといえるでしょう。この時間帯はドル円のほかユーロドルもおすすめです。

なお10時頃には中国やオーストラリアでは多くの指標が発表されます。中国の指標等は豪ドルに大きな影響を与えます。この時間帯では豪ドル円などの通貨ペアなどは逆に値動きが激しくなる可能性がありますので、この傾向を利用してバイナリーオプションに取り組む手があります。

東京時間午前中はバイナリ―オプションで勝つチャンス!

こういった午前中の為替相場の特徴は比較的わかりやすいので、このバイナリーオプション攻略法を上手にこなしていくと成果が出やすいです。このように、午前6時から9時前は為替相場は全体にレンジ取引に向いています。

ドル円に関しては、この午前6時から9時、10時から15時までは比較的レンジを形成しやすく、レンジオプションで収益を上げやすい時間帯と言えます。ただし気をつけたいのは日銀総裁や要人のインタビューや経済指標の発表があると大きく動くケースがあるということです。これはインターネットの取引サイトで本日の動きとかイベント欄に掲示されているのでチェックをしておく必要があります。

ローソク足を使ったバイナリーオプション攻略法

ローソク足で攻略

バイナリーオプション攻略のためにはローソク足を使うという方法もあります。バイナリーオプションの場合ごく短時間での取引になります。そのため、HIGHなのかLOWなのかをぱっと見た時に分かるということがとても重要になってきます。ローソク足の場合にはそのために必要な情報が一瞬で理解できる形で詰め込まれています。そのため、バイナリーオプションでチャートをチェックする際にはローソク足を使うというのが良い方法なのです。

ローソク足とは

ローソク足というのは白か黒(もしくは赤か青)の本体部分の上下に「ひげ」と呼ばれる一本線がついているものです。陽線の場合本体部分の上側は終値を下側は始値を、陰線の場合本体部分の下側は終値を上側は始値を表しています。ひげは下についているものが低値を、上についているものが高値を表しています。そして本体が白(もしくは赤)=陽線は上昇を、黒(もしくは青)=陰線は下降を表しています。ローソク足1本でこれだけのことがビジュアル的に把握できてしまいます。これだけの情報を一度に得られるというのは、バイナリーオプション攻略のために非常に優れたツールと言えます。

シグナルに注目

ローソク足のチャートでは「ここはHIGH」「ここはLOW」というようなシグナルが表れます。そのため、このシグナルに注目して取引をしていけば攻略することが可能になります。まず注目したいのが陽線が連続して出ている時です。その後反転して前の足の低値よりも安い状態で終わった場合、そこからしばらくはLOWで取引することで勝つことができると予想されます。

また、終値の範囲で細かく上下していたチャートが一気に上昇したという場合も、シグナルが表れていると考えます。この場合2つの場合に分かれていきます。ローソク足の本体部分の長さがその前の足と同じ程度であれば「HIGH」、随分長くなっているようであれば「LOW」です。

タイミングを逃さないこと

ローソク足でバイナリーオプションを攻略する場合にはタイミングを逃さないことが重要です。シグナルが表れている時にそれを逃さずに取引を行います。しかし、タイミングを逃さないことに着目するあまり焦って取引をしてしまうということには充分注意しなければいけません。もしも判断に困った場合には、取引をするのではなく待って様子を見るようにします。そしてその後のチャートの動きを確認していれば、本当のシグナルだったのかそうでなかったのかを知ることができます。ローソク足を活用することはバイナリーオプションの取引にとってとても重要なことです。

HIGH&LOWの結果を利用したバイナリーオプション攻略法

HIGH&LOW取引の必勝法はあるのか?

バイナリーオプションの手法に統計的な概念を利用した、HIGH&LOWの結果を利用したバイナリーオプション攻略法があります。たとえば、BOBOXとミリオネアオプションというバイナリ―オプション業者がサポートしている機能でHIGH&LOWの結果の表のようなものを使って予測に役立てるものがあります。

このバイナリーオプション攻略法は、カジノのルーレットやトランプのHIGH&LOWでもよくある、過去の結果を分かりやすく表示したものです。つまり過去の傾向が、現在と将来の予測に役立つはずであるという仮定に基づいています。

もしトレンド「上昇・下落の継続する傾向」があるとしたら、トレンドは過去一定期間上昇していれば将来も上昇しやすいという概念なので、利用価値があるかもしれません。つまり、通貨ペアの動きは確かにトレンド発生があるので、HIGH&LOWの過去の結果を見て、統計的に多い方に賭けるという手法は確かに考えられます。

過去の傾向に賭ければ勝てる?

たとえば、HIGHがずっと続いていた後にLOWが2回続けて出たら、LOWに賭けるというものです。たしかに過去連続してHIGHだったら次もそちらに賭けるという戦略はリーズナブルかもしれません。

しかし、残念ながら現状ではこの戦術はそれほど効果があったという報告はあまりないようです。要因として考えられるのは、為替のような商品はランダムウォークといって、次に上がるかどうかは、過去の傾向に一切影響されない、という金融工学や値付けの数式に用いられている仮説もあり、一概にトレンド一辺倒で考えるわけにもいかないからなのかもしれません。また仮にトレンドが発生していても短期間の取引ではノイズの影響も受けるため、チャートを見ながらタイミングを計ってエントリーする手法に比べ、ノイズの影響をもろに受けてしまうとか、トレンドが変わるタイミングも過去の情報でかけ続けるなど、そういった欠点やデメリットもありそうです。もしこれでコンスタント勝てるとしたら、当然FXの通常取引にも応用できて、大騒ぎになっているかもしれません。

HIGH&LOW取引の必勝法はない?

つまり、あくまで一定の期間の過去統計に基づくもので限界があり、ブラックジャックのベーシックストラテジーのような確立された必勝法ではなさそうです。バイナリ―オプションの統計的な手法による必勝法というものは今のところないようです。まだまだバイナリーオプション攻略に関しては、むしろチャート分析の手法で精度を高める方が、現状ではよさそうです。

ファンダメンタルズ分析を使ったユーロ圏通貨の攻略法

ファンダメンタルズ分析とは

バイナリーオプション攻略の場合にもファンダメンタルズ分析というのは大切になってきます。ではファンダメンタルズ分析とは何かと言うと、業績が本当に良いのか?お金をたくさん持っているのか?ということを知るための技法です。発表されている経済指標をただ見ているだけではそれは分からないこともあります。大切なことは、様々な経済指標をただ見るだけではなく、それを元にして考えるということです。これはユーロ圏通貨を攻略する場合にも言えます。

ユーロ圏攻略のためにチェックすべき経済指標

ユーロ圏通貨を攻略するためにはユーロ圏の経済指標をまずはチェックしておかなければいけません。その中でもまずあげられるのはユーロ圏GDPです。ユーロ圏GDPは世界最大の規模となっていますので、その影響力は当然大きなものです。また、ユーロ圏消費者物価指数も重要です。ユーロ圏の物価変動に関する指標で上がっていればインフレ傾向で好況、下がっていればデフレ傾向で不況と判断されます。

ユーロ圏経済信頼感という指標では、100よりも高ければ好景気、低ければ不景気と判断されます。ユーロ圏失業率もとても重要です。雇用の増大というのは景気が良くなることを表していますので、失業率を見ると現状がどういった状態なのかがすぐに分かるからです。ユーロ圏では全体的に失業率が高い傾向にあるのが特徴ですが、近年更にその傾向は強まっています。そのため、失業率が改善されていく様子が見えれば、そのことは市場に大きな影響を及ぼします。

特に注目すべきドイツ

ユーロ圏通貨攻略のためにはユーロ圏全体の経済指標をチェックすることが重要ですが、それだけでは十分とは言い切れません。なぜなら、現在ユーロの経済を牽引しているのはドイツだからです。そのため、ユーロ圏の指標をチェックすると同時にドイツの指標もチェックしておかなければいけません。例えばドイツの失業率やGDP・貿易収支などを見ておくことで、ユーロ圏全体について見通すことにもつながります。

色々な指標に左右されるユーロ

ユーロに影響を与える経済指標はたくさんあります。ユーロ圏の経済指標はもちろん、ドイツの経済指標、アメリカや日本の指標もそうです。ユーロはそれだけ様々なところから影響を受けていますので、逆に考えるとチャンスがたくさんあるという風にも考えられます。主な経済指標が発表されるタイミングは相場が動きますので、そのタイミングを逃さずに利用するようにしましょう。チャンスが多くあるので攻略できる可能性もその分高まっていきます。