バイナリーオプションの基礎知識

バイナリーオプション取引開始までの流れ

バイナリ―オプションの取引開始まで

バイナリーオプション取引開始までの流れは、おおまかにいうと、1.口座開設の申し込み、2.本人確認資料の提出、3.口座の案内到着、4.サイトにログインして各種設定、5.入金、6.取引開始といった形になります。原則国内業者でも海外業者でもこの流れは大きく変わりません。

申し込み方法は、ウェブサイト上で行える業者がほとんどで、どこも口座開設に力を入れているため、大変わかりやすいガイダンスやヘルプなどが掲載されていますのでそれらにしたがって手続きをすれば大丈夫です。

口座開設はWebサイトで行う

まず、バイナリーオプション取引を始めたい業者のサイトで口座開設の申し込みを行います。ここでは、主に住所や氏名などの個人情報や、今までの投資経験や投資目的を入力します。

次に本人確認書類の送付です。国内業者では確実に本人が申込みをしていることの確認のため、必ず行う必要があります。本人確認書類は、主に免許証やパスポートのコピーなどが一般的ですが、中には2種類の書類を必要とする業者もあります。本人確認書類を送付した後、しばらくすると封書等で口座開設のお知らせが業者から送られてきます。

海外の業者の場合、この本人確認がもっと簡単なケースが多く、その場で会員登録が完了しID、パスワードが発行されることもあります。ただし出金の際には本人確認書類の提出が必須になることがほとんどです。

口座開設のお知らせの中には、口座番号といった口座情報やサイトにログインするためのID、パスワード等が記載されていますので、こちらでウェブサイトにログインします。こうして、案内にしたがって必要な初期設定を終えると取引の準備が整います。

クレジットカードを持っていると便利

なお、業者によっては本人確認書類のコピーをインターネットで送付「アップロードやメール送信」するとすぐにWebサイト上でID、パスワードが発行されるケースもあります。さて、実際に取引する前に、バイナリーオプションの資金となるお金を口座に入金する必要があります。そのためにはクレジットカードやオンラインバンキングの銀行口座を持っていると便利です。多くの業者はオンラインバンクでリアルタイムにその場で入金を行うことができます。また、中にはクレジットカードによる入金が可能な業者もあります。銀行振込などでは着金まで時間がかかるためすぐに取引というわけにはいきませんので、その点は注意が必要です。その他、ネッテラーやペイパルなど様々なサービスを利用した入金方法があり、自分にあった方法を選択することができます。

こうして入金が完了すれば、いよいよ取引開始です。

バイナリーオプションはどのくらい儲かる?

バイナリ―オプションはるどれくらい儲かる?

バイナリーオプションはどのくらい儲かるのでしょうか。単純に考えると、1回1回の勝ち負けの確率は50%で、勝てば掛け金と同額の利益が得られ、負ければ掛け金をそのまま失うゲームと考えるかもしれません。その場合は、期待値としての儲けは平均0ということになってしまいます。しかし、オプション取引はそれほど単純ではありません。具体的なシミュレーションをしてみましょう。

たとえば100円のオプション取引を100回行うとします。元手は1万円ということです。予想が当たると1.75倍のリターンがあるとします。これを「ペイアウト率」と言いますが、1回予想が当たると75円の利益となりますので、勝率が60%としますと、利益額は「175円×0.6-100円」×100=500円となります。つまり、勝率60%では、1万円投資して利益額は500円、利益率は5%です。

バイナリ―オプションの儲けは勝率次第

さらに勝率が50%の場合はどうでしょう。逆に1,350円の損式になってしまします。当然ですが、業者の手数料を考えると勝率50%では儲からないわけです。勝率が70%になったらどうでしょうか。利益額は、「175円×0.7-100円」×100=2250円となり、利益率は22.5%となります。

次に勝率が80%になったとしましょう。この場合、利益額は、「175円×0.8-100円」×100=4000円となり、利益率は40%と、非常に高い利益率になります。

このように、バイナリーオプションの儲けは、まず勝率に大きく依存します。目標しては、勝率7割利益率20%以上を目指すのが現実的と言えるでしょう。そして、いかに上がるか下がるかの予測を7割程度以上の確率で正確に予想することが必要になってきます。勝率7割を維持するのはそう簡単ではありません。為替やトレードの基本などの経験と知識が必要になってきます。また、100%必ず7割を維持できる手法があるわけではありません。

ペイアウト率の違いにも要注意

上記はあくまでシミュレーションで、予想が当たった時のバイナリーオプションの利益「レバレッジ」と言いますが、1.75というのはあくまで例であり、変動します。これはその時の為替の値動きの幅「ボラティリティ」やトレンドによってバイナリーオプション業者ごとに決められています。また取引単位は現実には100円というのはあまりなく、最低でも500円からというのが現状です。ただ、この業界は日々進化していますので、取引条件の変更には注意しておく必要があります。

このようにバイナリ―オプションの儲けは、勝率に大きく依存します。

バイナリーオプションの特徴

バイナリ―オプションの特徴

バイナリーオプションの特徴は、なんといっても2者択一のシンプルな取引ということです。つまり上がるか下がるかのどちらを選ぶというのが基本です。FX取引も買うか、売るかの単純な取引ですが、どのタイミングでポジションを決済するかなど考慮すべき点があり複雑です。これに対し、バイナリーオプションは原則2者択一をして、結果を待つだけなのです。

次にあげられるのは結果が早く出るということです。取引開始から終了までの期間が比較的短く設定されており、最短で5分で結果が出る取引もあります。外資系の中には30秒後に上がるか下がるかを予想するオプション取引もあります。国内業者は規制により2時間に1回程度しか取引ができなくなってしまいましたが、海外業者は規制対象外のため連続して取引を行うことが可能です。

少額でも取引ができてリスクも限定的

3つ目の特徴は、少額資金での投資が可能であることです。FXの場合、証拠金が最低でも5万?10万円必要と言われていますが、バイナリーオプションの場合、取引は1枚、2枚といった単位で取引しますが、1枚当たりの金額は、100円、500円程度と、少額で取引できる業者もあります。つまり、ポケットマネー感覚で取引できるということなのです。ただし、業者によっては初回の入金額がある程度必要になりますので、この点は注意してください。

4つ目はロス「損失額」が限定されていることで、FXのように為替の変動で損失が大きくなったり、追証といった、投資額以上の損失が発生することがありません。決済する時点の為替レートで損益額が変動します。つまり、FXの取引の場合、ドル円を100円で1万通貨単位購入したあと、101円になった時点で決済すれば1万円の利益が出ますが、決済せずにいてその後レートが99円になってから決済すると1万円の損失になります。98円なら2万円の損失です。つまり損益はその時点でのレートにより大きく変動します。これに対してオプションを購入したときに払った金額だけが損失になるということです。

豊富なオプション取引の種類

最後に多様性です。業者によってさまざまなタイプ「予想の仕方、期間」が用意されていて自分に合った、得意なオプション取引を選択することができます。これはFXのように単純に上がった、下がったというだけではなく、取引期間中の様々な値動きのパターンによって結果が異なるという、一種複雑な事象を扱う高度な商品の特徴ともいえます。以上のような特徴をもったBO「バイナリーオプション」は、その手軽さから、個人投資家の人気を集めています。

バイナリーオプションとは

バイナリ―オプションの意味

バイナリーオプションとは、為替金融商品の一種です。通常の外国為替「FX」取引は、損益の金額が為替の値動きによって変動します。たとえばドル円の取引で1ドル101円のレートでドルを1万通貨単位購入した後、ドル円レートが102円になった場合、102-101×1万通貨単位=1万円の利益になります。また100円になった場合、1万円の損失となります。

つまり、購入後の値動きでその時点での損益が変動することになります。これに対してバイナリーオプションで取り引きする場合、為替の値動きによって「利益か損失」かが決まる点は同じですが、損益金額は初めから決まっています。たとえば、予想が的中した場合は0.7万円の利益、外れた場合は1万円の損失ということです。したがって損失額限定を最初から決めることができます。これは一般的なオプションという取引の特徴で、一種の通貨オプション取引なのです。

バイナリ―オプションは少額でも取引可能

また、少額で取引できることから、2009年以来幅広い投資家から人気を集めています。また人気が過熱気味になったこともあり、2013年7月18日にバイナリーオプションなどの取引に対して自主規制ルールが設けられています。このため国内業者と海外業者で提供する取引の内容・ルールが大きく異なることになりました。バイナリー「binary」とは、2つの選択肢といった意味です。つまり「0」か「1」かのどちらです。バイナリーオプションは一般に、ある条件を「満たす」か「満たさない」かが勝ち負けを決める取引です。取引対象(原商品と言います)は多様で、為替、原油、商品など、市場で値段がついているものの多くがバイナリーオプション取引の対象です。その中でも人気があるのが為替レートを対象とした商品です。

ドル円のバイナリオプション

ドル円のバイナリーオプションでは、円安になるか円高になるかを予想してオプションを購入して、結果が予測通りであれば、利益を受け取れるという仕組みとなっています。非常に簡単に取引でき、結果もすぐ出るということで、急速に普及しました。また、5分程度で結果が出る銘柄もあることや、業者ごとにさまざまなタイプのオプションが用意されているといった特徴があります。

バイナリーオプションは、BOと呼び方をされることもあります。現在ではネット対応のFX業者の多くがバイナリーオプション取引をサポートしており、個人投資家の多くが、特に海外の業者を利用しています。

バイナリーオプションは国内と海外で税金が違う

国内業者と海外業者では税金の申告方法が違う?

バイナリーオプション取引の結果、利益が出た場合、年度末に確定申告等を行い税金を納める必要が出てきます。そして、国内業者を使った場合と、海外業者を使った場合では、税金の扱い、つまり申告方法に違いがあります。この方法の違いにより収める税金の額も変わってきます。

国内バイナリ―オプション業者は申告分離課税!

申告分離課税とは、分離課税の一種で、総合課税とは別枠の課税方式です。国内バイナリーオプションは、申告分離課税で計算します。総合課税とは別に課税額が計算される方式です。つまり、給与所得等とは別の収入として分離された申告となるため、給与所得との合算ではありません。バイナリーオプションの利益自体に税金額が計算されるのです。国内バイナリーオプション業者から得た年間利益に対する税率は、一律20.315%となります。

また国内取引のメリットとしては、申告分離課税であることから、過去3年間分の損益分を通算して差し引く事ができます。つまり昨年度の損と今年の利益を合算してプラスマイナス0であればバイナリーオプション税金を払う必要がなくなるなどのメリットがあります。この点は税金対策になります。国内の投資関係の課税は基本的に申告分離課税になっています。

海外バイナリ―オプション業者は総合課税!

一方、海外バイナリーオプションの税金は、雑所得とみなされますので、給与所得と合算する総合課税方式になってしまいます。つまり海外取引は申告分離課税の対象ではありません。

総合課税では、給与所得とは別の収入も、年度の収入として合算されますので、海外バイナリーオプション業者から利益も収入に合算され、その分税金も増えます。総合課税の場合は収入額に応じて税率が変わるため、総収入が少ないほど税率が低くなります。ここが申告分離課税と大きく違う点です。総合課税の良い点は、給与所得と合算計算になるため、バイナリーオプションの損益からその他のさまざまな経費を差し引く事ができ、課税対象の利益額の調整が行えるところにあります。たとえば、その他の海外取引での雑所得「株式やFX、CFD、先物取引など」と損益通算ができますので、たとえばFXで損失を出していた場合、その分税金を減らすこともできます。

どちらが有利かを一概に言うことはできませんが、総所得額が695万を超えない限り総合課税の方が税率が低くなります。しかし損益の繰り越し等の条件を考えれば当然例外もありますのであくまで目安ということになります。

デモ口座で使い勝手を体験する

バイナリ―オプション業者はどう選ぶ?

バイナリーオプションの業者の選択には、初回最低入金額や最低取引金額の大小に加え、やはり使い勝手がよく、自分にあったサイトになっているかどうかが大きな要素でしょう。

デモトレードを活用しよう

まずは実際のリアルトレードの前に、デモ取引をいろいろと行ってみることが重要です。多くの業者がこういったデモ取引を用意しています。このデモ取引の良いところは、実際の使い勝手と操作が分かる点に加え、リアルトレードと同じ相場で取引を行うことで勝負勘が養えることです。たとえば、ある業者では、実際のリアルタイムレートを使用し、100万円の仮想資金を売買できることから、本番さながらの取引を体感することができます。しかもデモ取引の間に画面操作に慣れるので、いざ本番になった時もスムーズに慌てず始められます。こういったデモは、バイナリーオプションの口座開設前に試せる業者と口座開設後にデモを用意している業者など様々です。

取引画面や取引ルールは業者ごとに大きく異なるため、必ず複数を比較することは行ってください。これはバイナリ―オプションで利益を上げていくためには絶対に必要なステップと言えます。デモトレードで取引をして合わないと思った場合は、すぐにやめることで事前にリスクを回避できます。たとえば操作がわかりづらくて間違えやすいとか、ヘルプが少ないとかいろいろな要素が実際にデモトレードをしてみるうちに、ここは自分に合っている、合っていないといったことが具体的にわかってきます。

口座開設後にデモ取引が可能な業者も

口座開設後、最低入金額を入金してからデモトレードができる業者もあります。この場合も自分に合わないと思ったら、実際に取引するのかよく考えた方がよいでしょう。注意点としては自分に合わないと思った業者から出金する際に時間がかかったり、ボーナスの出金に条件がついていたりすることです。事前によく確認しておきましょう。このようにサイト上でメニューにデモ取引が用意されている業者、電話やメールで申し込んで初めてデモ用のアカウントを提供してもらえる業者、口座開設後にデモ取引ができる業者とさまざまですが、くれぐれもいきなり本番の取引をせずに、デモ口座の利用から始めてください。デモトレードを行った結果、画面の使い勝手、ルールのわかりやすさ、自分の勝率、サポート、入金額、最低取引金額、商品のラインアップなどの要素を総合的に判断してメインの業者を決めるのがよいでしょう。

バイナリーオプションの最低取引額

バイナリ―オプションの魅力

バイナリーオプションの魅力は、少額で本格的な取引ができることですが、実際海外の業者ですと1回あたり500円で取引が可能だったりします。これは一般のFXが取引で3万円程度の証拠金が必要だったり、株式であれば10万円程度必要だったりするのと大きく違います。裁定取引金額が小さいことは、オプション取引一般の特徴ともいえます。原商品である為替(通貨)を対象としたデリバティブと呼ばれる金融技術を使って提供されるため取引単位も柔軟に設定できるのです。

最低入金金額と並んで、この最低取引金額の低さがバイナリーオプションの魅力や人気を高める要因になっています。つまり、お小遣い程度の金額で本格的に取引を始めることができ、しかも損失を限定できるのです。初回最低入金額は、1回あたり1万円前後が一般的です。これに対して、最低取引金額は一部で500円から可能など、小さく始めることができます。この最低取引金額は業者によって多少異なります。

最低取引金額もチェックしましょう

まずはいろいろと業者を比較して自分にあったところを選択することです。そして、選択する要因として最低取引金額を考慮点に入れましょう。初回入金額、取引の種類、使える決済手段、サポートなど、様々な考慮点がありますが、取引金額も重要な要素です。初心者のうちは大きな金額で取引するよりも、少しずつ経験を重ね、慣れるまでは少額での取引をおススメします。そのためにもなるべく最低取引金額の小さい業者を選ぶとよいでしょう。比較のため複数の業者で取引する場合も1回1回の取引金額は最初は押さえていきましょう。

たとえば、1回あたりの取引金額を1000円としますと、負けた場合の損失は1000円、勝った場合は、ペイアウト率が1.75であれば750円の利益となりますので、この金額であれば続けて取引を行っても大きな痛手になる前に、見直すことができます。つまり知識不足や自分に合っていない取引種類である等に気づいていったん撤退することも可能なのです。初心者は小さく始めることが肝要です。

慣れてくると大きな金額での取引もしたくなりますが、それでも細かく取引ができる方が使い勝手の面では有利と言えます。日本の業者ですと取引金額が非常に小さいところもありますが、取引開始までの手続きが複雑だったり、ペイアウト率が低かったりしますが、規制の少ない海外業者のサービスは日本のそれと大きく異なっています。現状では、海外業者のバイナリーオプションの人気が高いといえます。

最低取引金額のチェックは業者選びの際の重要ポイントです。

バイナリーオプションの初回入金額

1万円あればバイナリ―オプションを始められます

株やFXを本格的に始めるには、最初に10万円程度のまとまった資金が必要なイメージがあります。それ以下ではなかなかまとまった利益を上げるのがむつかしいといえます。これに対し、バイナリーオプションも似たようなイメージをお持ちかもしれませんが、実はバイナリーオプションは1万円程度あれば始めることができます。

つまり、バイナリーオプションの取引を開始するには口座開設後まず口座に入金をしなくてはならないのは当然ですが、その最低金額が1万円程度ということで、比較的安価に始めることができるのです。そして一回当たりの取引額も1000円程度からと少額で購入が可能です。これが株やFXと少し違うところなのです。

最低入金金額は業者によって違う

まずは少ない金額から始めたいは、海外のバイナリーオプション業者の最低入金金額を比較してみるとよいでしょう。中には5,000円程度から始められるところも見つかるかと思います。しかし基本的には、どのバイナリーオプション海外業者もあまり大きな差はなく、1万円から2、3万円あれば十分ということがわかります。

このことからバイナリーオプションはFXや株に比べて気軽に始めることができると言われているのです。

クレジットカードなど入金手段もいろいろ

なお入金方法はクレジットカードやオンラインバンキング、ネッテラー、ペイパルなどの決済サービスなど様々なものがあります。初回入金にあたってはどの決済サービスが使えるか確認しておきましょう。

初心者のうちはこういった最低入金金額で始め、取引のコツやルールをしっかり覚えるまでは1回の取引額も少額で進めていった方がよいでしょう。

また、業者もはじめはどこが自分に合っているか、見極めをつけるためにも複数の業者を使って比べてみることもおススメします。そのためなるべく多くの業者を比較するためにも、初回入金額は少ない方がよいのです。ただし複数の業者から1社に絞る際、ほかの業者に入金したお金を出金することになりますが、その手続きは時間がかかることが多いのでその点は注意しましょう。

2回目からの入金も同額のところが多いので、取引を始めた後に資金を追加するタイミングで少しづつ追加していきたい人は、やはり初回入金額が少ない業者を選ぶのが最善です。

たとえば、1万円を初回入金して、1回あたりの取引金額が1,000円だとすると、10回連続して負けない限り、すぐには資金がなくなることはありません。しかし、慣れてくると、どうしてももう少し大きい金額で取引したくなるので、2回目以降の入金条件も当然考慮しておいた方がよいでしょう。

バイナリーオプションのペイアウト率

バイナリ―オプションのペイアウト率とは

バイナリーオプションにおいて予想が的中した場合に支払われる金額「配当」の多寡は、ペイアウト率で表されます。

このペイアウト率によって配当が変わってくるのです。ペイアウト率とは、要するに予想が的中した場合の払い戻し倍率で、たとえば5分後に円高になる、という方向に100円を賭けて的中した場合、ペイアウト率が1.75倍のときは175円が払い戻されます。ペイアウト率が2倍になることは基本的にありませんが、海外業者では一部のオプション取引でペイアウトが2倍以上になるケースがあるようです。ただしこういった商品は、基本的に非常に勝率が低く設定されていると考えた方がよいでしょう。

平均的な勝率では儲からない

もしあなたと私が同じ額の資金で取引を始め、交互に逆方法のバイナリーオプションを購入し、ペイアウト率が2倍であった場合、私とあなたの手持ちの金額は常に元のままであるはずです。この場合、業者はまったく儲かりません。このためペイアウト率と出現確率は業者側の高度な金融工学的な計算で期待値的にはに業者が儲かるように設定されています。したがって個人投資家はそれを上回る勝率で勝負する必要があるのです。

つまり、原則的には通常の取引ではペイアウト率は常に2倍を少し下回るはずなのです。可能性としては通常のバイナリーオプションの勝率は50%の確率で勝ち負けを同じだけ繰り返すはずですが、ペイアウト率が2倍以下であれば、長期的にあなたは損をし、業者がその分儲かることになります。その程度はペイアウト率によります。ペイアウト率が高ければ高いほど、あなたが勝率を上げることにより収益を上げやすくなるのです。

ぺイアウト率の高い業者を選ぶ

長期的には、確実にペイアウト率の高いところで投資した方がよいと言えます。ペイアウト率という言葉は、オンラインカジノなどでもよく出てきますが、基本の考え方は同じです。ペイアウト率が高い方がユーザーにとっては有利です。いずれにせよ、業者によってペイアウト率は変わりますので、比較して最適な業者を選択しましょう。先ほど述べたように単純にペイアウト率だけを比べるのではなく取引条件をそろえて比較しないと意味がありませんので気を付けてください。2倍を大きく超えるようなペイアウト率の商品は特に気を付けて取引条件をチェックしましょう。まったく同じ条件というのが難しいかもしれませんが極力同様の、たとえば、単純なハイロウ取引等で条件を合わせてペイアウト率を比較してください。

利益額や損益額がエントリー時に決まる

利益額や損失額がはじめから決まっている?

バイナリーオプションの特徴として、利益額や損益額がエントリー時に決まるということがあげられます。

もう少しわかりやすく言うと、オプション取引を申し込んだ時点、つまりオプションを購入した時点で、的中したときの利益と、はずれた時の損失額がはじめから確定しているということです。もちろん勝つか負けるかはエントリー時にはわかりませんが、買った場合の利益額と負けた場合の損失額は決まっています。これが利益額や損益額がエントリー時に決まる、ということの意味です。

FX取引との違い

通常のFX取引ですと、エントリー「買いまたは売り」を行った時点で損益額は決まっていません、取引をクローズした時の為替の水準で、理論的には無限大の幅があるといえます。このようにFXは原商品の値動きに比例して損益が変動します。

オプションはその損失額を限定できる一種の保険的役割を果たしているのですが、バイナリ―オプションはそのオプションの特徴に加えて、損失も利益も限定するという、いわゆるエキゾチックオプションと言われる高度なオプション商品なのです。裏側の仕組みは複雑ですが、投資家から見ると扱いやすくかつ、わかりやすい商品ともいえます。

バイナリ―オプションはリスク管理がしやすい

例を上げて説明します、バイナリーオプションをペイアウト率1.75を100枚10,000円で購入したとします。予想が的中した場合、利益は7500円ですね。はずれた場合、損失は10,000円です。これ以外のパターンはあり得ません。つまり利益額、損益額は確定しています。これは為替レートがどれだけ激しく動こうとも関係しないのです。

これに対し、FXで、1ドル100円の水準の際に、ドルを1万取引単位購入したとします。この後1ドル99円に下落した場合、損失額は10,000円です。しかし、さらに90円までに下落する可能性があります。この場合損失は90,000円です。ある意味底なしです。逆に1ドル120円になった場合、利益は190,000円となり、これも天井がありません。このようにFXの損益は為替レートの水準によって大きく変動してしまうのです。この損益額はエントリー時には決まっていません。したがって投資家から見ると単純なFX取引はリスクが大きく、そのためにストップロスなどの手当てが必要になってきます。

このようにバイナリーオプションは損失額をエントリー時点で限定して取引ができる商品と言え、使い方によっては非常にリスク管理がしやすい特徴を備えています。