海外バイナリーオプション業者の基礎

海外バイナリーオプション業者のデメリット

海外バイナリ―オプションのデメリットとは?

海外バイナリーオプション業者はデメリットもあります。ひとつは、信託保全がない業者があるということです。信託保全とは、個人投資家から預かったお金を信託会社に預けておき、業者のお金と分離して管理することにより、業者に万一のことがあっても個人投資家から預かったお金が失われないような措置を取ることです。国内の業者であればこの信託保全はかならず行われていますが、海外では国内の規制を受けないため行われているとは限りません。

現状、いくつかの有名な業者については信託保全が保証されていることの確認はとれますが、その他の業者に関しては不明です。このため、仮にその海外バイナリーオプション業者が倒産した時に資金の返金保証がない、つまりお金が戻ってこない可能性があるのです。利用の際は、こういった倒産といった国内業者と違ったリスクがあることを認識しておくべきでしょう。海外との取引を行う場合はやはり国内以上にその取引先の信用度合や実績、評判などをできるかぎり調べた方がよいといえます。

海外バイナリ―オプションは出金手続きが複雑?

また、海外バイナリーオプション業者の場合、出金の処理が国内業者に比べて煩雑です。どうしても海外送金「利益が出た場合」の処理を依頼しなければならないため、時間と手数料がかかってしまいます。出金手続きに数日、送金手続きに数日、さらに国内銀行への着金に数日、トータル10営業日ほどかかる場合もあります。また出金手数料と送金手数料の両方で数千円といったことになることが多いです。

最初は国際間の資金決済にトラブルが発生しないか、不安を感じることがあるでしょう。また、顧客へのサポート面が国内業者よりも若干劣る傾向があります。口座開設は力を入れているため手厚いとしても、取引のサポートに関しては、国内業者は電話で気軽に会話ができますが海外業者の場合、メールの対応やチャットでのやりとりなどになってしまうケースが多いです。日本語対応はされていても、多少不便を感じる可能性はあります。

場合によっては税金上のデメリットも!

最後にこれは一概には言えませんが、トータルの収入が695万円を超えた場合、総合課税の税率が申告分課税の税率を上回ってしまうため、国内業者よりも利益に対する課税率が高くなってしまうこともあります。どちらが得かは様々な他の取引との通算可否と関係するのでケースバイケースですので、最初のうちは場合によっては国内業者に比べてデメリットとなることがあるといった程度の理解でよいでしょう。

海外バイナリーオプション業者のメリット

海外バイナリ―オプション業者のメリットは?

海外バイナリーオプション業者のメリットは、何と言っても24時間いつでも取引ができることでしょう。2013年の国内規制のため、国内業者が限定された時間内でしかも2時間おきにのみ取引可能としているのに対し、海外業者は24時間いつでも何度でも取引をすることが可能なのです。また、バイナリーオプション海外業者の場合はいつでも取引が可能です。

さらに海外業者は、取扱銘柄を非常に豊富に取りそろえています。為替だけではなく、株式、株価指数、商品指数、金、銀、原油など多様な原商品を取り扱っているのです。個人のトレーダーにとって得意銘柄はそれぞれ違いますので、取扱銘柄が多いと言うことは選択の幅の観点で大きなメリットがあります。海外業者の場合、さまざまな取引方法があります。たとえば、60秒で結果が出る60秒オプションなど、短時間で結果が分かる、エキゾチックデリバティブの特徴を活用した商品であると言えます。つまり海外業者は取引方法、つまり勝ち負けのルールのパターンが多様で充実しているということです。

スピーディな口座開設や入金!

次に、口座開設がスピーディでクレジットカードで入金可能な点もメリットです。海外バイナリーオプション業者は、数分で口座開設が完了し、かつクレジットカードでリアルタイムに入金することが可能で、24時間いつでも入金処理が可能です。もちろんクレジットカードの他にもインターネットバンキングやネッテラーやペイパルなどの様々な決済サービスが使えます。これらは日本ではなじみのない会社もありますが基本海外で実績と信頼のある決済サービス業者がほとんどです。

充実した入金ボーナス制度!

入金ボーナスも充実しています。海外バイナリーオプション業者の場合は入金ボーナスというものがあります。入金額の、たとえば25%がボーナスとして利用できるものです。もっと高い割合の業者もあります。このように海外バイナリーオプション業者は国内業者に比べて多くのメリットがあるのです。

最後に海外業者の場合は利益が出た場合、総合課税の対象になります。国内業者の場合の申告分離課税と違って給与所得等と合算して課税額が決まりますので、大まかにいうと年収総額が695万円までなら海外業者の方が有利になることが多いです。これはその収入までの総合課税率が申告分離課税率より下回っているからです。一概には言えませんが、単純計算ではこのようなメリットもあると言えます。

海外バイナリーオプション業者

海外のバイナリーオプション業者って?

海外のバイナリーオプション業者とは、海外で運営されているバイナリーオプション取引のサービス提供者で、日本国内の規制を受けない業者を言います。規制を受けずに、海外のバイナリーオプション業者は日本国内からでも取引を行うことができるのです。海外のバイナリーオプション業者の人気が高まっている背景には、日本国内の規制の強化があります。

バイナリ―オプションの国内規制とは

バイナリーオプション国内業者が過去に行った5分間隔・10分間隔などの取引は、手軽に短時間で結果が出る点が人気を集めましたが、2013年の規制によって次の取引までに2時間以上の間隔を必要とすることになりました。この影響により、多くの国内業者が提供する【外為オプション】や【HIGH・LOW】といった5分、10分単位の取引時間が短い商品は廃止されてしまいました。

この規制の導入の理由は、投資家保護の観点からリスクを抑えるためです。そして規制による主な変更点は、短時間での取引の禁止「2時間以上」、完売の禁止「取引受け付けの事前停止禁止」、試験の導入「口座開設前にテストを実施」などです。また、途中の転売を認めるといった内容もあります。しかしながら、この規制下で、バイナリ―オプション取引をスムーズに行うには相当ハードルが上がってしまったのは事実です。

やはり2時間に1回しか取引ができないというのは投資家にとって非常に痛手で、相場の状況によっては、いわば儲け時に指をくわえて見ていなければならないような状況に置かれてしまうことになります。

規制を受けない海外業者

こういった規制を受けない取引が可能なのが、海外のバイナリーオプション業者になります。海外の業者であれば、日本国内での規制には特に関係なく短時間でのオプション取引が今までと同様にでき、また銘柄も豊富で金や銀、石油などの日本にない商品も取引ができることになります。こうした背景のもと、海外バイナリーオプション業者は、日本語対応や税法等の遵守を行いつつ、その魅力から日本国内の顧客を急速に増やしています。もちろん、口座開設や入出金、サポートなどは国内業者に多少利便性の面で劣るものの、安心して使えるところがほとんどです。また初回入金に対してボーナスを支給したり、出金手数料を初回無料にしたりと様々なキャンペーンを行っています。海外のバイナリ―オプション業者を選ぶに際しては、複数比較検討することをおすすめします。