バイナリーオプションのはじめ方

バイナリーオプションの出金方法

バイナリ―オプション業者の口座から出金するには?

バイナリーオプションの口座から出金する方法は、入金に比べてやや複雑です。まず最初の注意点として、業者ごとに最低出金額が決められていて、それ以上の金額でないと引き出すことはできません。また、出金には一定の手数料がかかります。

初回無料、月に1回は無料といった、バイナリーオプション業者によって一部無料にもなりますが、原則、出金額の数パーセントといった手数料を取る業者が多いです。したがって、コツとしては頻繁に出金するのではなく、一定金額がたまったら出金するようにすることをおすすめします。

海外送金には時間がかかる

なお、業者からの出金方法は原則、海外送金のスキームを使うことになります。このため、身分証明書等「パスポートや免許証の写し」などの、一定の本人確認資料の提出が必要になります。また、手続きにかかる時間は、一般に、出金手続きに3、4営業日、海外送金手続きに数営業日、銀行への着金までにさらに数営業日などと、トータルで10営業日弱かかると考えてください。また、どこで処理されているかによって状況を問い合わせる先も変わってきます。

さらに、海外送金の手数料は顧客負担となるケースが多いです。こちらも出金額の数パーセントとか3000円程度かかると考えてください。

なお、入金がクレジットカードで行われていた場合、元金部分までは海外送金ではなく、クレジットカードの返金処理となります。通常返金依頼後10営業日程度で着金するケースが多いです。着金は、各クレジットカード会社の締め日等によります。元金を超えて利益分があった場合、その分はクレジットカード会社扱いではなく、上記の海外送金扱いとなります。またネッテラーを使っている場合も、出金の元金部分はネッテラーの口座に戻されますが、利益分はやはり原則海外送金扱いとなります。このように利益分の取り扱いは税務上の都合等もあり、海外送金で取り扱われているのが現状です。

ボーナスの出金には要注意!

なお、バイナリーオプション業者によるボーナス、つまり、「入金後、一定のトレードを行うともらえるもの」は一定の取引条件を満たさないと出金可能とならないことが多いので注意が必要です。この点をよく勘違いする方が多いと言われています。

このように入金と違い出金は、「最低出金額」、「手数料」、「元本と利益分の扱いの違い」、「本人確認手続き」、「ボーナスの取り扱い」等、ルール・手続きが複雑な部分もあるため、いざという時に慌てないように事前に確認しておきましょう。

バイナリーオプションの入金方法

バイナリ―オプションの入金方法は?

海外業者の口座開設し取引を始める前に、口座への入金が必要になりますが、入金方法にはいくつか種類があります。まず、主流なのがクレジットカードの使用です。即座に入金が可能になるため、大変便利です。通常では、業者のサイトで、入金のページから所定の必要事項「クレジットカード番号、有効期限、名義等」を入力して申込みをするだけで完了します。このクレジットカード利用が現状もっともポピュラーかつ一番簡単な入金方法で、どの海外バイナリーオプション業者でも使用することができます。

なお、最小入金額という制約というか決まり事がバイナリーオプション業者ごとに定まっていますが、クレジットカードの限度額的に注意するほどではありません。通常1万円から3万円程度となっています。

海外送金でも入金可能

次に銀行送金による入金です。通常、海外銀行送金になりますので、外為取扱銀行等に依頼することになり、たとえばインターネットバンキングの海外送金サービスを行っているところを利用します。十分利用できるのですが、手数料が3000円から5000円くらいかかったりすることもあって常時利用するには若干金額的に高いです。ただし銀行を介した海外送金は、なんらかの事情でクレジットカードが利用できない場合などには助かります。

海外のオンライン決済サービス業者も要チェック

これ以外に、様々なオンライン決済のサービスを利用することが業者によってできます。最近は非常に便利なインターネット上の決済サービスが増えています。たとえば、マネーブッカーズ「Moneybookers」、別名スクリル「Skrill」というオンライン決済は。その口座を介して個人と業者の間の入出金取引を行ってくれます。これらの決済サービス業者は、ヨーロッパ等を中心に外国では実績も業績もあるので、信頼性は問題ありません。

そのほか「ネッテラー」やWebMoney、ペイパル「Paypal」、CashU、eWallet、ChinaUnionPayなど様々な決済サービスがあり、これらを利用できる業者も増えてきています。なかでも「ネッテラー」はバイナリ―オプション業者の多くで使用が可能で、出金にも対応できますので一度チェックしてみる価値があります。(出金には制限があります)。入金方法の選択にあたっては決済手数料が安い、リアルタイム性、24時間使える、出金等にも使えるか等のいろいろな条件で比較してみることをおすすめします。

バイナリーオプションの口座開設

バイナリ―オプション取引を始めるには

バイナリーオプションの取引を行うためには、他の投資商品の取引同様口座開設が必要になります。海外業者の場合、口座開設は国内業者よりも比較的簡単です。

以下、その流れを見てみましょう。口座開設の申し込み手続きは、大体5?10分で完了します。海外バイナリーオプション業者のほとんどは口座開設が無料です。業者が決まっていれば、パソコンなどでその業者のインターネットサイトにいき、トップページから口座開設のメニューを選択します。多くの場合は目立つところにボタンが配置されていますので、迷うことはまずないと思いますが、わからなければコールセンターのサポートに電話などをすれば親切に答えてくれるところがほとんどです。

口座開設はカンタン!

口座開設にあたって画面からの入力項目は、名前や電話番号、生年月日、メールアドレス、パスワードといったところです。これだけで簡単に口座開設をすることができます。注意点としてはローマ字しか入らなかったり、口座の通貨の種類がデフォルトでドルだったりすることです。口座の通貨種類は変えられます。ここでの注意点として、実際に存在しない名前や住所、電話番号などは使わないようにしましょう。

バイナリーオプション海外業者の一部では、本人確認のための電話が来る場合がありますが。電話が来る前に一度メールで連絡が来ることもあります。メールや電話は日本語対応しているので安心です。

申込みの入力が終わると、基本的にはすぐに取引サイトにログインするためのID、パスワードが発行され、サイトにログインすることができます。そこで案内にしたがって必要な初期設定等を行うと、口座開設が完了します。この後、入金を行えばいよいよ取引を開始することができます。このように口座開設はとても簡単です。

一般的に国内業者は、本人確認手続きが、書類の提出等面倒なケースが多いのですが、海外業者は比較的簡単です。

取引条件などはよく確認しよう!

ただし、重要事項の説明や手続き上注意事項が表示された際にはかならず目を通しておきましょう。また、出金条件や出金方法などの制約はどうか、自分の利用している決済サービスが使えるのか、初回入金金額や最低取引金額などの様々な条件は要チェックです。

なお、口座開設をする業者は1社だけにしぼらず、複数の業者に口座開設を行い、いろいろと比較をしてから1社に絞ることをおすすめします。やはり自分にもっともあった業者で取引をすることが長期的には収益をあげる要素のひとつです。