バイナリーオプション業者選びのコツ

海外バイナリーオプション業者がおすすめの理由

海外業者がおすすめの理由とは?

国内業者に比べて、海外業者がおすすめの理由はいくつかあります。まず第一に取引の自由度が大きい点です。日本国内でも人気を集めていたバイナリーオプションですが、2013年に金融先物取引業協会は自主規制をおこなった結果大きく変わってしまいました。つまり、国内業者は「超短期決済」という大きな魅力であった取引時間についてルール変更を余儀なくされ魅力をすっかり失ってしまったのです。

また取引時間についての規制は、数分後に結果がわかるというシステムから、バイナリーオプションの購入から勝ち負けが確定する時刻までを、2時間以上にするという変更です。このルールでは、超短期決済のバイナリーオプションに新規参入することもできません。

魅力を失った国内業者

新規制には、その他にもいくつか変更されたところがありますが、取引の魅力の大部分が、日本国内業者の提供する商品から失われてしまったのです。こうした規制のかかっていない「超短期決済」がいまだ健在の現行ルールでプレイできるのが、海外のバイナリーオプションであり、これが海外の業者がおすすめの理由なのです。海外のバイナリーオプションは国内の規制を受けずにサービスを提供できるからです。また、海外業者は、取引メニュー種類が非常に豊富です。たとえば人気の60セカンド。超短期のハイロウ注文が可能です。また、ワンタッチ取引やレンジ取引などの高度なオプションもあります。そして高いペイアウト率、つまり的中した時の配当金の割合が比較的高いということが言えます。

リスク管理をしっかりして海外業者と付き合おう!

リスクが高くなるとも言えますが、自由度の高い取引をするには、海外業者の方が圧倒的によいといえるでしょう。また、海外業者はクレジットカードによる入金が可能で24時間いつでもリアルタイムに入金して取引が開始できるとか、口座開設までの時間が本人確認の手続きの関係で国内に比べ非常にスピーディだったり、入金時に高額のボーナスをもらえたりするなどの、多くのおすすめの理由があります。これからバイナリ―オプションを始めたい人はぜひ一度海外業者の口座開設をしてその魅力を試してみるとよいでしょう。

海外業者の魅力は、こうしたスピーディな口座開設と24時間のリアルタイム入金、規制を受けない豊富な取引種類、ボーナスといった点にあり、おすすめできる理由となっています。

複数の業者を使いこなす

バイナリ―オプション複数業者のメリットって?

バイナリーオプションでは複数の業者を使いこなすメリットがあります。バイナリーオプション業者で複数口座を開設するメリットは、業者ごとの取引画面の見やすさや使い方が理解できるので、利用しやすい業者に次第にシフトしていくことができます。また、取扱っている銘柄の違いや使い勝手をいろいろ比べられるのです。

次に、バイナリーオプション業者ごとに口座開設することにより、キャンペーンボーナスが複数回もらえるということです。1社では当然ながら1回しかもらえません。注意点としてはボーナスは一定の取引をして基準をみたさないと出金できないことです。

また、その他のメリットとしてサポート体制、サポートの対応が確認できることです。いざというときに慌てないよう、あらかじめしっかりした業者を確認してそちらに移動することができるからです。

業者を選ぶメリットとは?

つまり、本格的に取引を行う前に業者を実際に使ってみて、きちんと比較して選べて、かつボーナスももらえるということなのです。登録料や維持費用が無料ですから、複数持つことで経済的な負担が発生するわけでは全くありません。また、口座開設にそんなに大きな手間がかかるわけではないのです。

複数業者を比べて、取引のしやすさ、銘柄の種類、取引ルールが自分に合っているか、入金や出金の条件、ボーナスポリシー、日本語対応のレベル、安全性など様々な要素を比較検討することにより、自分に最適な業者を選べば、勝率ひいては収益に好影響をおよぼすと思われます。ある意味複数の業者を比べるのは必須と言えるかもしれません。

リスク管理にも活用できる?

本格的な取引を始めたあとでも、複数業者を使いこなすのは悪いことではありません。たとえばリスク管理です。可能性は低いものの、ある一社が倒産してしまうかもしれません。銀行口座も複数に持っていた方がよいのと同じことです。

また、為替の相場状況によっては、この場合はこの業者のオプションが最適などの取引銘柄の選択肢が広がるメリットもあり、最適な取引をすることができるのです。

以上のように、個人投資家にとって複数業者の口座を持っておくことはノウハウや安全確保、取引機会を逃さないためにもメリットが大きいといえます。なお、複数業者を持つと会員情報の管理をしっかりすることが必要です。ログインするためのIDやパスワードはしっかりと管理できるようにしておかないといざという時ログインできなかったり、情報がもれてしまったりするリスクが発生します。十分注意して取引を行う必要があります。